11月 2016

会社設立のメリット

それでは、定款の作成などの難しい手順があるにも関わらず、会社を設立することによるメリットは何なのでしょうか。実際のところ、小規模な業務なのであれば会社として成立させずに行うことも不可能ではありません。そうせずに会社を設立することには、大きなメリットがあります。その中でも最も大きなポイントとなるのが「信頼の獲得」です。

言ってしまえば、個人の事業というのは、信頼性のあるものではありません。もちろん、長い期間その業務を行ってきて、認知されるようになっているのであれば別ですが、そうなる前については「後ろ盾」がない状態となってしまっています。こういった場所に対してお金を掛けて何かの依頼をする、というのはリスキーであり、発注が行いにくい状態になってしまっています。株式会社として会社を設立することによって、少なくとも「会社設立ができるだけの信頼性がある」ということが見えるようになります。

こういった信頼性を獲得することは、事業を軌道に乗せる上で非常に重要なポイントとなります。会社設立には株式会社の場合で20万円、合同会社の場合で6万円手続きに必要となりますが、その点を考えても十分な効果が得られるものだと言えます。