用意すべき準備

会社設立の手順として、最初に行わなければならないのが基本的な会社情報の決定です。会社を作るためには、必ず「商号」というものが必要となります。この商号というのは、簡単に言えば会社の名前です。同一住所に同じ名前の商号がある場合には登録をすることができないため、別の名称を考えなければなりません。この称号決定には不正競争防止法による定めも有るため、そちらの法律についても注意しつつ決定する必要があります。

次に、事前準備の内容についてです。事前準備として、発起人や役員となる人の印鑑証明を取得しておく必要があります。さらに、設立登記を行う際に必要となる会社代表者の印を作成しておかなければなりません。

そして、何より大きな仕事となるのが「定款」の作成です。定款においてはその会社がどのようなことをする会社であるのかを示し、その為のルールについて示す必要があります。定款は会社に取っての屋台骨となる非常に重要な存在ですが、当然ながら日本国の法律の枠を超える事は出来ません。あくまでも法律の範囲内でできることについて示す必要があります。この定款については、定款認証という形で認証を受ける必要があり、これが通らなければ会社設立は成りません。