会社設立の手順

会社を作る、ということの難易度について、皆さんはどの程度のものだと思っているでしょうか。非常に難しいもので、自分には到底できない、というように感じている人もやはり多いのではないかと思います。実際、「成功した会社を作る」という意味であれば、それが難しいものであり、多くの人ができるものではない、ということは事実です。しかしながら、会社設立を行うということだけであれば、会計事務所などのサポートサービスなどもあるので、それほど難しいものではありません。それでは、会社設立までの簡単な流れについてまずは紹介します。

会社設立については、大きく5つの過程が必要となります。まず最初に行わなければならないのが「設立準備」となります。つまり、どのような業務を行う会社を作るのか、という設計図を作ることになります。設立項目を決定し、会社印の作成を行うなどの準備を行うことになります。次に「定款の作成」を行います。定款というのはその会社に取っての公のルールとも言えるものです。更に登記書類の作成、設立登記を行い、開業の手続きを行う、という手順が必要となります。

この先のページでは、これらの会社設立に必要となる手続きについてより詳しく紹介します。さらに、会社の種類とその会社設立によるメリット・デメリットがどのようなものであるのかについても紹介し、より具体的に「会社設立」について考える事ができるような情報を提供します。難しく考え過ぎないことが第一歩となるでしょう。